広告 添加物

【日本アトピー協会推奨品】塩素除去シャワーヘッド『トレシャワー』のレビュー

気になる人

食べるものに気を付けている人ってたくさんいますよね!

今ではオーガニック食材や有機野菜など、健康志向の人が増えてきているように思います!

飲み水にも気を配り、浄水器をつけている人、ウォーターサーバーを設置している人も

いると思います!

ではお風呂は??みなさんどうされていますか??

アトピーの方や敏感肌の方はもちろんのこと、肌が強い人もお風呂のお湯はダメージ大ですよ。

中和するだけでダメージはすくなくなります。

あとぴっこの子どもがいる我が家のお風呂での対策の紹介をします!

我が家が使っている浄水シャワーヘッドはこれ

我が家ではTORAYの浄水シャワーヘッドを使っています。

この商品は、「日本アトピー協会推奨」のシャワーヘッドです。

私を含め、子どもたちもアトピーもちで塩素は天敵です。自分事のときは調べることをしていませんでしたが、子どもがアトピーだとわかってからは肌に良いことについて調べに調べつくしました。

塩素について

塩素は身体に良くないということはなんとなく知っていましたが、なぜなのか。ということは調べるまでわかりませんでした。

水道水に含まれる塩素濃度は日本は高く、水道水で身体を洗うと、たんぱく質を破壊するそうです。健康な皮膚の人ならちょっと乾燥したかなぐらいで済む話ですが、アトピー肌の人は、皮膚が薄く、もろい(簡単にいうとケガをしている状態)ので、塩素の水道水で洗うと余計に乾燥して痒みが助長されたり、悪化したりしてしまうということです。

健康な人でも、髪の毛がぱさぱさになることはないですか?また、プールではいろんな人がはいるので消毒ということで塩素がしっかり入っていますよね。プール後は髪の毛がぱさぱさになったり、皮膚が乾燥したりする人が多いのではないでしょうか。

また、お風呂という密室で、塩素の湯気を吸い込むと、呼吸器系のアレルギーが悪化したり、喘息が悪化したりする人もいるぐらいなので、塩素は身体に害でしかないですね。

このように塩素は消毒ということを考えると良いものではあるかもしれませんが、身体のことを考えると、ちょっと厄介なものでもあります。

お風呂の塩素の取り除き方

初めに話した通り、浄水機能付きのシャワーヘッドに替えると、塩素が中和された浄水のお湯で身体を洗ったり、髪を洗ったりすることができます。お風呂(湯舟)のお湯はどうすればよいのか。ということですが、シャワーヘッドのお湯を湯舟にいれてお湯をためる方法もあります。しかし、これをするとカートリッジの交換頻度ははやくなります。

水道水のお湯を湯舟にいれても、塩素を中和する方法はあります。

ドラッグストアやネット通販で手軽に買える「アスコルビン酸(ビタミンC)」を入れるだけで、塩素が中和されるので、入れないよりはマシになります。

浄水「トレシャワー」レビュー

我が家が使っているTORAYの「トレシャワー」がおすすめの理由は、取り付け、カートリッジ交換が簡単。掃除のときは原水に切り替えができること。日本アトピー協会推奨品で、活性炭カートリッジで残留塩素を除去してくれるところ。そして、30%節水してくれるところがおススメポイントです。カートリッジは大体5か月ほどもち、値段もそこまで高くないので、コスパも良いと思います!!

我が家の塩素中和方法のおすすめとは

塩素の中和方法がわかっていただけたと思います。

お風呂にいれているアスコルビン酸はリンクに貼っているものを使っています。

粉末タイプなので、パラパラっとお風呂に振りかけるだけの簡単なものなので使い勝手は良いです。

たくさん入っているのでコスパも良いです!!

シャワーヘッドは初めにも話したTORAYのシャワーヘッドを使っています。

さいごに

浄水機能付きのシャワーヘッドに替えることを強くお勧めします。なぜならば、アトピー肌、敏感肌の人は絶対に塩素は天敵だからです。そして、湯舟にためるお湯も見落としてはいけないポイントです。アスコルビン酸などで塩素を中和して、肌から吸収される経皮毒を回避し、健康を維持していけたら良いのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人

atsuko

元幼稚園教諭。2人の子どもと夫の4人家族。子どものアトピーをきっかけに食や日用品の見直しをしました。自身の経験からおすすめできるものの紹介や育児や暮らしのことの発信をしています。

-添加物