広告 子育て

ストライダーのおかげで自転車の移行はとても簡単にできた!

あつこ

よく小さいころからストライダーに乗っていると自転車のコマをはずすのが早いって聞くけど

結局のところどうなのかしら??

我が子たちがストライダーに乗っていて、長男のコマなしで乗れたときがどうだったかお伝えしますね♪

気になる人

我が家長男のコマ外しは??

3歳ごろからストライダーを乗り始めた長男。

両足で蹴ってストライダー遊びを楽しんでいました。特に乗り方は教えていないけど、自分でどう乗ったらスピードがでるかなどわかるのもなんですよね!!

私は隣で走って並走していました!!笑

そんななか、こども園に年少で入園してからコマ付きの自転車を乗り始めました!

コマ付きは安定しているので楽しそうに乗っていましたね。

年中になった4月(4歳)にそろそろコマを外してもよさそうだな!!と

本人とも話をしてから土の広場で練習しようとコマを外して夫が後ろで支えて乗ってみました!!

何回もこけて練習が必要なんだろうなーと思っていましたが、なんと!!!

1回目ですぐ夫の支えなく、一人でコマなしで自転車を漕いでいました!!

これには夫とびっくりでしたね。そしてスイスイ自転車を乗る長男はとてもうれしそうでした。

やっぱりこれは自転車の前段階としてストライダーに乗っている成果もあるのではないか??

ストライダーに乗っててよかった!!と思っています。

次男は2歳1か月からストライダーを乗り始めています。

今現在(2歳8か月)ではスピードがでるのが楽しいようで下り坂もビュンビュン足をあげて遊んでいます。次男のコマ外しはさらに早くなりそうだな。と、勝手に思っています!!

次はストライダーってなんなの?を公式のホームページを参照して載せています。

ストライダーとは

ストライダーは世界25ヶ国、300万人以上の子どもたちに愛されているランニングバイク。

ストライダーは三輪車や補助輪付き自転車とは違い、子どもたちが、自ら直感的にバランスをとりコントロールする乗り物です。だからこそ、自然とバランス感覚が身につき、体幹も鍛えられ、子どもたちの好奇心を満たすことができます。

ストライダーは、子どもには使いづらいペダルとハンドブレーキを省き、走る・止まる・曲がるというコントロール性能、シンプルさと丈夫さ、そして最も軽い独自構造を追求したそうです!!

対象年齢は??

製品ごとに対象年齢が異なるので、子どもの成長に合わせてストライダーが選べます!!

・ロッキングストライダー
0歳(つかまり立ちができるようになったら)~5歳くらいまで

・ストライダー(12インチモデル)
1歳半~5歳くらいまで

・ストライダー14x
3歳半~7歳くらいまで

補助輪は取り付けられる??

ストライダーは自立しない二輪車を子どもが自分の身体でバランスを取りながら操作することで、体幹が自然に鍛えられるように設計されているため、補助輪を取り付けることを想定されていないそうです。

ペダルは取り付けられる??

ストライダー(12インチモデル)にはペダルを取り付けることはできませんが、
ストライダー14xのみ専用のペダルユニットを取り付けることができるそうです。

安全規格は?

公式ページに記載されていた内容です。

ストライダーはアメリカ合衆国の米国消費者製品安全法 (Consumer Product Safety Act、連邦法)に基づき設立された法的権限を持つ大統領直属の独立政府機関CPSC(Consumer Product Safety Commission)による安全基準に適合しています。
また、ヨーロッパ(EU地域)の安全基準条件を満たす証明として、CEマークも取得しています。

ストライダー公式サイト

ヘルメットは必要??

ヘルメットは必ず着用です!公式のページにも着用で載っています。
転倒時のケガから子どもを守るため、安心安全なヘルメットを選び、小さい頃から正しくヘルメットを被るということを習慣化していきたいところですね。

2歳8か月の次男

初めにも書きましたがスピード狂なのかと思うほど坂道をくだって遊んだり、細い道を進んで遊んだりしてほぼ毎日ストライダーに乗って遊んでいます!

自分の足で漕いで進むというシンプルな動きは子どもにとって成功体験になるので楽しいようにみえますね!

毎日遊んでいる次男ですが、スピードが出だしてきたころ、遊んでいる途中でおしりが痛いと訴えてくることが何回かありました。痛いところを見ると、小股が擦れて皮がむけているような状態で、これは痛いなぁという状態でした。そんななか、Amazonで良い商品を見つけました!!

それがこちらです!!

このパフォーマンスシートに替えてからは擦れることもなく、痛くなくなった!

と言っているので、もっと早く替えてあげればよかったなと思うほどです。

触った感じは初期に付いていたシートは硬かったですが、パフォーマンスシートはフワフワして柔らかいシートでした。

これは間違いなくお尻やお股に優しいですね。

パフォーマンスがあがり、さらにスピードが上がりそうです!!笑

最後に

長男が1回でコマを外すことができたのはやはりストライダーを乗っていたおかげだと思っています!なのでよくストライダーを乗っていたら自転車のコマ外しは早い!というのは本当だなと私は思っています!次は次男が自転車にのる時期が来るのでコマ外しがまたすんなりいくだろうなと思っています!!ストライダーに興味がある人がいれば、子どもたちは楽しくのっているのでぜひ取り入れてみてほしいですね。

  • この記事を書いた人

atsuko

元幼稚園教諭。2人の子どもと夫の4人家族。子どものアトピーをきっかけに食や日用品の見直しをしました。自身の経験からおすすめできるものの紹介や育児や暮らしのことの発信をしています。

-子育て