広告 子育て

頑張らないトイトレ!イライラしないコツと3歳で卒業した体験談

こんな人におすすめ

✓トイトレがすすまない…

✓1度成功してもまた逆戻り

✓イライラしてしまうからトイトレがつらい

あつこ

トイトレが思うように進まないとき、イライラしていませんか?

ネットや育児の情報で「おむつはずれは個人差はあるが、一般的には2~3歳頃。」といわれることが多く、その年齢が近づくと気持ちが焦ってしまいますよね。

トイトレはお子さんの発達が関係しているので、おむつが外れるタイミングはひとりひとり違います。

結論、トイトレは頑張らないほうが上手くいきます!

育児本やネットの情報はあくまで目安にしかなりません。

お子さんの心身の成長をみながらトイトレを進めていかないと、悩みが増えてイライラしてしまいますよ。

この記事では実際に2児のトイトレをした経験がある元幼稚園教諭のあつこが「頑張らない方法のトイトレ」を解説するので最後まで読んでください。

この記事を読んで今日から笑顔でトイトレをすすめていきましょう!

【頑張らないトイトレ!】トイトレとは

トイレトレーニングの略で、子どもが排泄をトイレで行えるようにするためのトレーニングのことです。

一般的には2歳~3歳頃からトレーニングを始めることが多いですが、必ずしもこの年齢から始めた方が良いという決まりはありません。

なぜなら、子どもの成長や心身の発達には個人差があり、トイトレを始めるタイミングは異なるからです。

子どもの成長を見ながらトイレトレーニングをしていくとスムーズに進みます。

あつこ

我が家の兄弟もトイトレを始めるタイミングやトイトレをしている期間は違います!

【頑張らないトイトレ!】トイレトレーニングを始めるタイミング

トイトレを始めるタイミングの見極め方は、子どもの発達をしっかり見ることが大切です

なぜなら、心身の発達段階がトイレトレーニングを始めるタイミングと合っていないと、トイトレの期間が長引くからです。

長引くと、お子さんやママの負担になってしまいますよね。

トイトレを頑張らずにスムーズに進めていくためには、具体的な目安があります。

【頑張らないトイトレ!】トイトレを始める具体的な目安とは?

次の6項目が当てはまるようになれば、トレーニングを進めていってもよい目安になります。

これらが全てそろっている必要はありませんが、できれば1から4はできる方が、トイレトレーニングがスムーズに進むでしょう。

また、おうちのかたに余裕があることも大切です。

参考引用:ベネッセ こどもちゃれんじ
あつこ

スムーズに進むタイミングが揃っている!はやくしなくちゃ!と焦って始めないこともポイントですよ!

ママの心に余裕がないと、その焦りが子どもに伝わってしまいますよね。

あつこ

我が家では、トイレの絵本を一緒にみたり、トイレの環境を整えたりして、『トイレは怖くないところ』と子どもに伝えることを先に始めました。

子どもが喜んでみている絵本はこちらです。しかけが可愛いので我が家の子どもたちは大好きな1冊です。

子どものやる気もアップする絵本オリジナルのシールブックもありますよ!

①自分で歩いてトイレにいける

1人で歩けるようになるのもトイトレを始めるサインの1つです。

子どもが歩けるようになると、脳が発達している証拠です!脳の大脳皮質というところが発達してきますよ。

「大脳皮質」とは?
100億以上もの神経細胞が、いくつかの層になって配列されています。場所によって機能が違い、運動野、感覚野、視覚野、聴覚野、それ以外の連合野に分かれています。人間の思考の中枢を担っているのが「大脳皮質」、考える脳です。

参考引用:Baby-mo 【ベビモ】はじめてママ・パパの悩みを解決

大脳皮質が発達してくると、『おしっこがたまっている感覚』や、『たまったおしっこを我慢できること』が分かるようになってきます。

おしっこがたまっている感覚は、子どもを見てもわかりませんが、『1人で歩くことができる』ということは、子どもを見てわかるので、目安になりますね。

②便座やおまるにしっかりした姿勢で座っていられる

排泄をするには、補助便座やおまるに1人でしっかりと座らなければなりません。

正しい姿勢で座っていられないと、踏ん張れず排泄ができないからです。

あつこ

補助便座で踏み台に足が届かないときは、地にしっかり足がつくおまるだと子どもも安心しておしっこができますよ。

次男は補助便座よりおまる派でした!

詳しく知りたい人は「トイレ踏み台はいらない?おすすめ2選紹介」もチェックしましょう。

あわせて読みたい

③大人の問いかけに簡単な言葉で答えられる

トイトレをすすめていくには、大人とコミュニケーションがとれることが大切です。

言葉の数が多くなくても、大人の話す言葉の内容が理解できていないとトイトレはスムーズに進まないからです。

「はい」や「いや」など単語で十分なので、問いかけに答えられることが大切です。

あつこ

我が子は「おしっこしよか」の問いかけに「うん」か「いや」で答え始めたのでトイトレを始めましたよ。

④おしっこの間隔が2時間以上空く

おしっこがの間隔が2時間以上空くと、膀胱におしっこを貯めることができるようになったサインです。

おむつが濡れる回数が減ると、トイレに行きやすくなりますよね。

まだおしっこを貯められないうちに始めてしまうと、トイレに誘う回数が増えるので、お子さんにとって負担になってしまいます。

あつこ

こまめにおむつの確認をして、昼間のおしっこの間隔をチェックするのが良いですね。

⑤自分の気持ちを伝えられる

トイレトレーニングは、子どもがママやパパに自分の気持ちを伝えられることが大切です。

気持ちを伝えられないと、おしっこが出たタイミングやおしっこに行きたいタイミングがわからないからです。

子どもが「ブーブー いた」などと2語文を話すようになればトイトレを始められるサインです。

とはいえ、言葉の出がゆっくりな子どももいるので、ジャスチャーや「おしっこがしたい」という特定の言葉で意思表示ができればOKです。

意思表示ポイント

✓もじもじする

✓股をさわる

✓ママをトイレまで連れていく

など、なんでもよいので意思表示ができることが大切です。

あつこ

我が子は「おしっこ でた」と伝えてくれるようになったので、わかりやすくなりました。

⑥大人のマネができる

子どもは周りの大人の行動をマネすることで、コミュニケーション能力や社会的な振る舞いを学びます。

マネができると周りに興味をもち始め、社会性が身に付き始めたということです。

「トイレにいく」ということがまさしくそうですよね。

あつこ

ママがトイレに行くときに一緒に連れていくと、トイレの使い方がわかるので視覚的にみてわかりやすいですよ!

【頑張らないトイトレ!】イライラしないコツ

トイトレはなかなかママの思うように進まないものです。

失敗してしまうとトイトレにイライラしてしまうママも多いですよね。

トイトレの進み具合は、子どもの発達によって違うので個人差があります。

周りの子と比べて親が焦ってしまっても、子どものトイトレが進む事はありません。

そしてトイトレでのイライラは、やり方を知っていると大部分は回避することができます。

トイトレを無理せず上手く進めていくための5つのポイントを紹介します!

①時間を決めてトイレに行く

タイミングがあえばトイレでおしっこができる確率があがります。

起きてすぐ・食事の前後・お出かけ前・寝る前にはトイレに誘い、リズムをつくることが大切だからです。

リズムができると子どもは覚えるのでトイレに行けばおしっこが出ます。

あつこ

出なくても「トイレに行った!」ということが大切なのでおしっこがでなくてもお子さんを責めずに「でなかったね」とさっと切り替えましょう。

②成功ポイントをみつけてたくさんほめる

小さいことでもまず子どもを褒めることが大切です!

なぜなら失敗した過去を気にして自信をなくしている子どももいるからです。

「トイレに行けたこと」「おしっこがでたことを教えてくれたこと」などなんでも良いです。

褒めることで子どものやる気も自信にもつながります。頑張っていることを認めるとトイトレもスムーズに進みますよ。

あつこ

我が子たちもおしっこがでたことを教えてくれたとき、「教えてくれてありがとう」というと嬉しそうにしていました。大人も子どもも褒められると嬉しいですもんね。

③失敗しても叱らない

トイトレは失敗をするのが当たり前です。

子どもも、失敗したときは「失敗してしまったな。」と思います。

おしっこを失敗してしまうと、「どうしてできないの?」などと問い詰めるように叱ることは絶対にしてはいけません。

「どうしてできないの?」とママが焦ると言いがちな言葉ですが、言われている子どもはわからないし、答えられません。

「怒られた。」ということしか残らずトラウマになってしまい、上手くトイトレが進まない原因になってしまいます。

あつこ

叱る以外では、なぜ?・ダメ・どうして?・早く言って!などは言わない方がスムーズにトイトレが進みますよ。

④親も子どももどちらかが疲れたらひとつ前に戻る

一旦、トイトレを休憩するのも一つの方法です。

トイトレが上手く進まず親がイライラしてしまったり、焦ったりしてしまうと、子どもに伝わってしまい「トイレに行きたくない」と思ってしまいます。

子どもが「トイレは嫌なところ」と思ってしまうと、トイトレは上手く進みません。

ママやお子さんが少しでもトイトレを負担に感じているようであれば、無理をしてトイトレを続ける必要はありません。

あつこ

子どものやる気があがるようにまず褒めることからやり直すのが上手くいくコツですよ!

⑤親も子どもも決して無理はしない

トイトレを上手く進めるポイントは、「無理をしない」のが基本です。

ポイント

✓外出時、お昼寝のときはおむつでも良い(夜は別物とします)

✓子どもがトイレを嫌がれば無理に誘わない

トイトレの進み具合は個人差があります。

いつかはおむつを卒業できる日が必ず来るので、子どものペースに合わせて焦らずに進めていくことが大事ですよね!

【頑張らないトイトレ!】進まないときはどうする?

トイトレをしていると上手く進まない時期があるかもしれません。

上手くいく日ばかりではないですよね。失敗と成功を繰り返しながらトイトレは進んでいくものだからです。

そんなときは下記の3つのポイントを参考にしてみてください。

トイレの環境をかえる

トイトレが進まないときは、トイレの環境を変えるのも一つの方法です。

トイレが楽しい場所・安心できる場所になれば、子どもからトイレに行きたいという気持ちがででくるからです。

あつこ

子どもの好きなキャラクターの写真やシールをトイレに貼ったり、トイレットペーパーを変えるだけでも魅力的な場所に変わりますよ!

失敗したときは前向きな声かけ

失敗してしまったときは、叱ることはしてはいけません。

失敗はつきものです。子どもは失敗をして学んでいきます!

あつこ

「大丈夫だよ」「次は一緒にがんばろうね」などと前向きになる声掛けをして、お子さんを励ますと良いですよ。

何かに集中しているときは誘わない

子どもが遊びや何かに夢中になっているときは、トイレに誘うのは控えた方が良いです。

一つに集中していると、それ以外のことが見えなくなったしまうことがあるからです。

集中しているときに無理にトイレに誘うと、トイレに行くことが嫌になってしまうかもしれません。

そんなときは、遊びが終わるころのタイミングを見計らってトイレに誘うと良いですよ。

あつこ

我が子もテレビを見ているときや、おもちゃで遊んでいるときに「トイレいっとこか」と誘っても全く聞いていないときもあります。また、「遊んでるのに!」と怒ってくるときもあります。やはりタイミングは大事です!!

3歳でトイトレが終わった話

我が家には子どもが2人います。長男のトイトレが3歳で終わった話を紹介します!

「こども園入園までにおむつを外さないと!」と長男がトイトレを始める時期に思っていました。

これは私が幼稚園で働いていたからこの思いがあったと思います。

ただ、今は子どものペースで外していくという風に変わってきているので年少でおむつを履いている子もたくさんいると思います。(現に我が家の次男、今年年少で入園していますが園ではオムツです。)

長男が小さい頃、おむつなし育児の勉強もしに行っていたので、1歳をすぎた頃からおむつなしでのゆるいトイトレも少しずつ行っていました。

おむつなし育児とは

簡単に説明すると、オムツの外で気持ちいい排泄をする。ということです。

子どもの様子をみながらトイレに誘って排泄をオムツの外でする。いわゆるトイトレと一緒です。

本格的にオムツを卒業するために3歳前からトイトレをはじめるとあっさりトイトレが終わりました。

これは1歳過ぎからゆるくトイトレをしていたおかげかもしれません。

3歳にはパンツで昼も夜も過ごせるようになりました。(夜のみオムツをはいていましたが、朝まで濡れることがなかったので、本人と話をしてパンツで寝るようになりました。)

次男は3歳が過ぎていますが、まだ絶賛トイトレ中です。

兄弟でもトイトレの進み具合が違うんだと改めて思っています。

性格も兄弟で違いますもんね。

長男のときはゆっくり長男だけのペースでトイトレに付き合うこともでき、3歳で卒業しました。

しかし次男のトイトレは、長男と次男の生活があるので、次男だけにゆっくり時間をかけてトイトレに向き合う!ということが少し難しく、かなりゆっくりペースでトイトレをしています。

次男は今、家ではパンツ、園に行くときは本人がおむつが良い!とのことで園と寝る時はおむつをはいています。

ゆっくりですが、次男のペースでトイトレは進んでいるので、焦らずイライラせず見守りながら、おむつ卒業を目指しています!

まとめ

2児のトイトレを経験した元幼稚園教諭のあつこがイライラしないコツと頑張らないトイレトレーニングの方法を紹介しました。

結論、トイトレは頑張らないほうが上手くいきます。

「3歳までにおむつを外さないと…」「周りの子たちはおむつが外れているのに…」などと不安にならなくても大丈夫です。

おむつはいつか必ず卒業する日がやってきます!

焦らず、叱らず、褒めながらトイトレを進めていくことが大切です。

トイトレが負担にならずに進められるとよいですよね。

  • この記事を書いた人

atsuko

元幼稚園教諭。2人の子どもと夫の4人家族。子どものアトピーをきっかけに食や日用品の見直しをしました。自身の経験からおすすめできるものの紹介や育児や暮らしのことの発信をしています。