広告 子育て

身体に良い調味料とは?本物ってどういうこと??

前回の記事で調味料の話を少しさせてもらいましたが、本物って?どういうこと?と思われる方もいらっしゃるとおもうので、書いていきたいと思います!!

なぜ調味料の話なのか

まず、なぜ調味料の記事にしようと思ったのかというと、実家の母は家族の健康のため、調味料や食べ物や着るもの、日用品など様々なものに気を使っていました。そんな環境で育ってきた結婚するまでの期間、特に日用品のことや食べ物調味料を気にすることはなく生活していましたが、ふと思い返すと私が子どものころはお菓子はこれダメ、これはいい、などいろいろなことに関して母親に決められていたことに不満がありました。(今思うと私のことを思ってだと思っていますが)

結婚して実家を出て生活が始まり、子どもが生まれるまでの生活は、やっと自分で好きにできる!という気持ちで、調味料は安いもの、日用品も良い匂いがするのでいいかなーなどと、がらっと変わりました。その時は特に何を思うこともなく生活していました。

そして、子どもが生まれ、長男の乳児湿疹から始まり、アトピーになって、ようやく食べ物のことや日用品のことを考えるようになり、たくさん勉強しました。

まず食べ物の見直しで一番大切なことは、調味料をすべて本物にする!!ということでした。値段は高くなるけれども、私たちは食べたもので身体は作られるので、調味料の見直しは必須だと思い、すべて変えました。私の考えが変わるきっかけは子どもが教えてくれました!!!

身体に良い、本物の調味料とは!?

味醂・塩・醤油・味噌・砂糖の基本の調味料の原材料名は、市販で出回っている安価な調味料と、本物の調味料とでは入っている内容が変わってきます。

安さを求めて買うという人にとっては安いものはうれしいと思います。でも、家族の健康のことを考えるのであるならば、少し値段はたかくとも本物に変えてみてほしいと思います!!

安いものには添加物がたくさんはいっています。

みりんに

写真に写っている2つの味醂は、本みりんと書いてありますが、こんなに原材料名が違います。

本来みりんはシンプルな材料3つでできます。

本物とはこういうことです!!

安価なみりんは他に、発酵調味料やみりん風調味料とも記載されていて、添加物がはいっています。

やはり本みりんは味が美味しいので、材料が3つで作られているものを選びたいですね♪

3つとは、もち米・米こうじ・焼酎のみ!

他のものが入っている場合は本物ではないということになりますね。

我が家では三河みりんを使っています!!

甘めな味なのでみりんだけで味がしっかりするので我が家は好んで使っています。

甘めなので、料理に砂糖をいれなくても十分な甘みがでます!!

塩について

塩を選ぶときには、精製塩ではなく天日塩、平釜塩を選ぶと良いです!!

精製塩とは、食塩や食卓塩として売られている塩のことで、添加物(塩化ナトリウム)が入っています。

今、減塩の調味料や、減塩したほうがいいよ!と聞くことが多いと思いますが、天然の塩であれば撮りすぎても尿として体外に出るので問題はありません。むしろ天然塩であればたくさん摂るほうが、不調にも良いといわれています。

減塩したほうが良いという塩は、やはり精製塩のことです。こちらは添加物がはいっているので摂りすぎると身体によくないですね。

醤油について

醤油は、大豆・小麦・塩の3つでできているものを選ぶと良いです!!

そして、国産100%が良いですね。

スーパーでよく見かける醤油は名称が醤油加工品であったり、こいくちしょうゆ(本醸造)とかいてあっても、添加物として、果糖ぶどう糖やアミノ酸カラメル色素などの添加物が入っているものが多いと思います。

選ぶなら材料が3つのみで作られているものを選びたいですね♪

我が家が使っているのはこれです!!

味噌について

味噌は、米か麦・大豆・塩の3つでできているものを選ぶと良いです!!

本来味噌は、私も手作りしたことがありますが、材料はシンプルでこれだけの材料で作ることができます。しかし、スーパーでは、だし入りの味噌があったり、アミノ酸、○○エキスなどの添加物が入っている味噌も見かけます。

時間をかけて熟成させる味噌は、うま味調味料がはいらなくても、シンプルな材料だけでうまみもでます!!

減塩みそや安価な味噌は避けるほうが良いですね。

砂糖について

砂糖を選ぶなら、まず白砂糖を選ばないことだと思います。

初めは茶色や黒色の砂糖が、真っ白になるということは、精製されていて真っ白になっているということです。スーパーで見かけるグラニュー糖や上白糖は、精製された砂糖です。

選ぶなら、精製されていない、きび砂糖やてんさい糖のほうが良いですね。

最後に

調味料を選ぶのであればシンプルなものを選ぶ!!これに尽きると思います。

裏の表示を見ると添加物がたくさん書いてあるものもたくさん出回っています。安価なものは添加物が入っているのが多いなという私の考えです。

今回調味料は5つだけの紹介でしたがここには書いていない調味料もやはり添加物がなくシンプルな材料で作られているのが良いですね♪

調味料だけでも選び方次第で変わってくると思います!

家族の健康のため、そして自分の健康のためにも、まず調味料の見直しから始められたらどうでしょうか♪

添加物を避けるのは難しい世の中ですが、裏の表示を見る習慣ができれば買い物は投票!!といわれるように残ってほしい企業には残ってもらえる。そして選び方がわかれば少しでも添加物が少ないものを選ぶことができると思います♪

みなさんが健康に過ごせますように!!!スーパーで見つからなくても今はネットでも買える社会です!!

この記事が誰かの役に立ちますように♪

  • この記事を書いた人

atsuko

元幼稚園教諭。2人の子どもと夫の4人家族。子どものアトピーをきっかけに食や日用品の見直しをしました。自身の経験からおすすめできるものの紹介や育児や暮らしのことの発信をしています。

-子育て